駆除中

多くの虫が発生

ねずみを捕まえる

トコジラミはとても小さい害虫となっているため、どこにでも出現するようになっています。消毒を行なっておくことが必要であるため、専門業者に相談を行なって、実行してもらうようにしましょう。

Read more...

ネズミの被害を防ぐ

殺虫剤

ネズミは食べかすを求めて多くの場所から現れるようになります。駆除業者では忌避剤を利用して寄せ付けないように対策を行なってくれるので、困ったときに依頼を行なってみましょう。

Read more...

血が吸われる

スプレータイプ

トコジラミによって血が吸われてしまうという被害に合ってしまう人は沢山います。また、多くの場所に潜んでいるため、これらの点に注意して対策を行なっておくことが必要になります。

Read more...

どこでも現れる害虫

キッチンの下

ゴキブリを含めた防虫防鼠

一般的に、食品工場などでは、防虫防鼠対策を行っております。特に、不快昆虫の代表として考えられているゴキブリについては、特に力をいれて取り組んでおります。ゴキブリ駆除も含めた防虫防鼠について年間契約で取り組んでいる企業が多く、専門の業者が請け負っていることが多くなっています。専門の業者は、そこでトラップに捕獲された昆虫を分析し、特定することで、それぞれに応じた対策を練っていくわけです。特にゴキブリ駆除については研究も進んでおり、適切な対応が期待できるようになっています。これらの一式の対策には、工場の大きさ、トラップの確認数、作業者の工数によって変わるものの、月一回の駆除作業を含めて、1年間で、50万円程度で委託が可能です。

ゴキブリ駆除のPDCA

こうしたゴキブリ駆除に必要な取り組みは、PDCAと言われるプラン、ドウ、チェック、アクションのサイクルを回していくことが重要です。まず、ゴキブリの好む箇所にトラップを仕掛け、そこにゴキブリが潜んでいたり、侵入してきていることを確認します。そして、居場所が特定された場合、隠れ家を薬剤処理していきます。そして、次に再度トラップを仕掛け、確実に効果が出ているかを確認するわけです。こうして、捕獲数が確実に減っていくことで、効果が出ている、と考えることができるのです。こういう取り組みと同時に、ゴキブリの生息域や隠れ家を減らしていく設備改善も並行して進め、結果として、大きなゴキブリ駆除の効果が現れてくるのです。